ザ・ローリングサンダーレビューでは、洋楽ロックのアルバムレビューも掲載しています。

レビューに切替


GUIDE HOME > ローリングサンダーソングズ > 轟け!ぼくらのローリングサンダーソングズ2016!



つっちい さん 18歳 女性 洋楽歴 6年 炎の受験生の1曲

アルバム画像 Rock 'N' Roll Suicide
David Bowie
The Rise And Fall Of Ziggy Stardust 1972年 5th Album
昔悩み事があって毎日のように落ちこんで泣いていた時期に、この曲が非常に心の支えになりました。 『♪Oh no love,you're not alone! 』 と聞こえてくると救われるような気持ちになったのを覚えています。Bowieさんは今年お亡くなりになりましたね...合掌

[ ロリング君コメント ] ロックに初めて「suicide 」を使った名曲ですね!(真偽は不明笑) ストレートな言葉も名曲に乗れば胸に響くという好例。ボウイは亡くなってからも未だに影響力が衰えません。

YouItch さん 20歳 男性 洋楽歴 6年 学生の1曲

アルバム画像 Live Foever
Oasis
Definitely Maybe 1994年 1st Album
『♪May be I don't really want to know How your garden grows 』
このパートが特に好きです。お前の庭がどうとか聞いてないしどうでもいい。人がどうとか気にせず、自分は自分らしくしていればいいということ。周りの真似ばっかしてないで自分らしく生きようと思わせてくれた曲です。

[ ロリング君コメント ] 意味もよくわからずに聴いてましたが、そういう意味があったんですね!「Maybe」が余計にカッコいい。Oasisの曲を聴いてると小さくまとまんなよって言ってくれてる気がします。

アワナビワナビワナビジムモリッスゥオオオン さん 16歳 男性 洋楽歴 3年 学生の1曲

アルバム画像 We Never Change
Coldplay
Parachutes 2000年 1st Album
『♪So, I wanna live in a wooden house, 』
『♪Where making more friends would be easy. 』
『♪I wanna live where the sun comes out. 』
ただ、漠然とした哀しみをまるで心のなかの言葉をそのまま歌ったかのような歌詞に、胸キュンというよりは、胸にじゅぅわぁと広がって胸が焼けるように高鳴るのを感じます。
僕の人生で最も影響を受けたアルバム(暫定)の一曲です。この後のアルバムから少しずつ方向性が変わっていって今ではキラキラポップ路線で、辟易してしまうのですが、このアルバムを出した頃のColdplayだけはどこよりも最高のバンドだったと思っています。
ところで、気に入ったアルバムが見つかると、未発表音源でもいいから似たようなものを聴きたくなるのですが、みなさんどうでしょう。そして、このようなサウンドを鳴らしてくれるバンドが他にあれば教えていただけませんでしょうか 笑

[ ロリング君コメント ] 初期のコールドプレイは冷んやりした感触の音がカッコよかったですよねぇ。詩人のような哲学的な雰囲気もステキでした。似てるというわけではありませんが、暗くて美しいという意味では Sparklehorse はオススメですよ!

健太郎 さん 23歳 男性 洋楽歴 7年 モデルの1曲

アルバム画像 Just Another Girl
The Killers
Direct Hits 2013年 Greatest Hits Album
『♪And it's a great big world, she's just another girl (another girl)』 好きだった女の子に振られて半年の間どん底に落ちていたこの僕を救い出してくれたのはこの一節でした。

[ ロリング君コメント ] ベスト盤に収録の隠れた良曲を推してくるとは痛(つう)ですね!明るいのにモノ哀しい。これぞキラーズのお家芸。強がりのようにも聴こえるし、新しい一歩を踏み出そうとする意志にも思えますね。

でびとぼい さん 26歳 男性 洋楽歴 10年 サラリーマンの1曲

アルバム画像 Heaven Knows I'm Miserable Now
The Smiths
Heaven Knows I'm Miserable Now 1984年 Single
『♪職を探した 仕事を見つけた そして僕が今どんなに悲惨か神様だけが知っている 』・・・。
『♪僕の人生の貴重な時間を どうして僕が生きようが死のうがどうでもいいようなやつらに 与えなければならないんだ 』・・・。
就職活動に疲れ、ミュージシャンを目指すことにした大学4年次の僕を支えてくれたリリックです(今では立派なサラリーマンに)。

[ ロリング君コメント ] これほどわかりやすく共感できる歌詞があるでしょうか!笑 人生の進路に影響を与えるような言葉を生んだモリッシー、偉大ですね。

ジャスティス森本 37歳 男性 洋楽歴 20年 デザインもできるコンソールゲーマーの1曲

アルバム画像 Fileds of Gold
Eva Cassidy
Songbird 1998年 Compilation Album
『♪ See the children run as the sun goes down as you lie in fields of gold』
故Eva CassidyによるSting 「Fields of Gold」 のカバーの一節。伴侶を得てともにいきる選択肢を取らない生き方を選んだ自分にとって、疑似的に、自分が過ごしたかもしれないもう一つの自分の人生を体感させてくれる。
原曲メロディを基調にしながら、完全に自分流に消化した彼女のメロディラインが自然で情念を強め、ふと感じる虚無感をいつも取り払ってくれる。 カバーとはこうあるべき好例。

[ ロリング君コメント ] 言葉を眺めるだけで情景が浮かんで、自然と口ずさみたくなる美しさ。詞の芸術性を高めるほどのクオリティはさすがスティングですね。おっしゃる通り、それをスローテンポで独自解釈した彼女のセンスと歌唱力にも脱帽!

ミネらないウォーター さん 22歳 男性 洋楽歴 7年 学生の1曲

アルバム画像 Might Be Stars
The Wannadies
Be a Girl 1994年 3rd Album
『♪We spend our money on guitars; Write songs about our broken hearts.』 しょっぱなのこのフレーズが大好きです。
「ロックばかり聴いてるモテない奴が、やりきれない気持ちを音楽にぶつける」 みたいな感じが大好きです。こんな曲をナチュラルにかっこよく歌えてしまう Wannadies が大好きです。これは僕のための曲だ!断言!

[ ロリング君コメント ] Weezer と並ぶ90sギターポップの名手The Wannadies!青春時代を思い出しました…音楽を必要とする場面ってそういう時ですよね。わかります。合格おめでとう!どこかで出会ってるかもしれませんね笑

べいべ さん ??歳 男性 洋楽歴 ??年 塾講師の1曲

アルバム画像 Whatever
Oasis
Whatever 1994年 Single
何年前だろう・・ Oasis が私の人生のBGMとして大音量で轟いていた当時の親友が今年急逝した。その時にたまたま聴いて救われた気がする。
Oasis の特に兄弟は、あの頃、ファッキン生意気で傲慢で若かりし自分とそれから親友もきっとそうだったんだろうけど、この曲の歌詞は恣意的だったのか、それとも未来を見据えた意図的なものだったんだろうか・・と、そんなことを曲を聴いたあと思った。。
今現在、私の人生のBGMとして鳴っているのは、 Live Forever だ。 Whatever と、どちらもゆりかごから墓場まで Oasis らしいだれでも口ずさめる普遍的でポップなメロディだ。

[ ロリング君コメント ] ここ日本ではWonderwall youtubeで検索する 、Don't Look Back In Anger youtubeで検索する を凌ぐ人気を誇る(ような気がする)Whatever。歌詞にもメロディにも普遍的なパワーがありますね。苦しいときに支えてくれた楽曲なんですね。この曲は何十年後も流れている気がします。

電影少女 さん 36歳 男性 洋楽歴 18年 アシカの調教士の1曲

アルバム画像 Kids
MGMT
Oracular Spectacular 2007年 1st Album
『♪Decisions are made and not bought But I thought this wouldn't hurt a lot I guess not』
これ変な歌詞で、子供が生まれた男の話なんですけど、いや環境破壊反対ソングだ、絵本のなぞらえだ、なんて解釈もあるらしく。まあそれはともかく、言い回しが妙に好きで。「決断は人から買ったわけじゃない」みたいな男前な台詞で。
輸入盤だったんで自分訳なんですけど。それから「でもこんなに困ると思わなかったんだよね」っていう。何か綺麗事だけじゃないリアルさというか。好みなんですね。別に状況が重なるとかじゃないんですけど、これ聴きながら、当時抱えてた問題のプレッシャーなどからは、ずいぶん解放されていましたね。オケがいいんだ、本当に。
追記:昨年度の同企画でCap'n jazzを紹介された、ばんかーさんに最大級の感謝を。おかげで愛聴盤と、胸をかきむしる回数がちょっと迷惑なほど増えました。

[ ロリング君コメント ] 確かにオケのポップさハンパねぇっす!そして確かにちょっとマヌケ?な歌詞も凄くステキですね。めっちゃリピートしちゃいます笑 横のつながりも運営側としては嬉しい!熱いメッセージありがとう。

しろやん さん 21歳 男性 洋楽歴 4年 会社員の1曲

アルバム画像 I Can't
Radiohead
Pablo Honey 1993年 1st Album
不安な時、落ち込んでる時によくこの曲を聴きます。 『♪Even though I might, even thought I try, I can't』 って歌詞がもうそのまま今の僕の現状を語ってくれます。

[ ロリング君コメント ] 初期のレディオヘッドはメロディに対して真っ直ぐに向き合っていて、ゴスペルのような清々しさがありますよね。他のアーティストから暗すぎると揶揄されていましたが、パーティ気分になれない時(基本なれませんが)救われるのはこういう音楽です。

エリオット さん 17歳 男性 洋楽歴 4年 金欠高校生の1曲

アルバム画像 Bad Art & Weirdo Ideas
Beach Slang
The Things We Do to Find People Who Feel Like Us 2015年 1st Album
ラストの一節の 『♪I'm tracing the line on your handsome face, the scars on your arms, the shape of your veins. We are not alone. We are not mistakes. Don't whisper now. We're allowed to be loud.』 で無茶苦茶鳥肌立ちました...
まるで青春映画のワンシーンの様。孤独な時に聴いて元気出してます。

[ ロリング君コメント ] The Replacements youtubeで検索する 直系サウンドがカッコいい!今の時代にこの音を聴けるとは思っていませんでした…泣けてくる笑 歌詞は「俺はおまえを見てる。一人じゃないぞ、声を上げろ!」という意味でしょうか。このバンド、教えてくれてありがとうございます!

きまぐれロボット さん 19歳 男性 洋楽歴 5年 ロッキン大学生の1曲

アルバム画像 Wasted Days
Cloud Nothings
Attack on Memory 2012年 2nd Album
冒頭から 『♪Oh I know My life's not gonna change And I live Through all these wasted days』 といったキラーフレーズの連発。単純な単語しかないのにどうしてこんなにせつないの。vo.ディランバルディの魂の叫びが私にぶっ刺さる。 『♪I thought I would be more than this』 !!

[ ロリング君コメント ] モダンパンクですねぇ。キレ味鋭くかつ知的でもある。そして退廃的な歌詞。これはたまりませんわ。何よりパンク最大の弱点であるぺらぺらの音を克服していること!笑 わたしも今この歌詞のような気分なので救われる…

ふられてからが勝負 さん 19歳 男性 洋楽歴 3年 きっと学生の1曲

アルバム画像 We Are Young
Fun.
Some Nights 2012年 2nd Album
初めて女の子とデートに行ったときに見たイルミネーションでかかっていました、それまではただのポップソングだったこの曲が特別になってしまいました。残念ながら恋は実りませんでしたが、 『♪Tonight we are young』 この歌詞にあの瞬間が詰まっています。

[ ロリング君コメント ] 大合唱必至の大ヒットナンバーですねぇ。時代を彩りました。イルミネーションのもとで流れてきたら一瞬でPVの主人公になれちゃいます。切ない胸の痛みとか思い出しちゃうんだろうなぁ。

yurix55 さん 52歳 女性 洋楽歴 40年 医療事務の1曲

アルバム画像 My Ever Changing Moods
The Style Council
My Ever Changing Moods 1984年 Single
『♪(Oh)But I'm caught up in a whirlwind and my ever changing moods yeah.』
東京の大学に入ったものの、これは私の楽しいことではないな、と思っていた時、気の合う仲間と踊りに行くことが少しだけ気持ちを軽くしてくれました。 この曲がかかると一気にテンションUP!絵画的かつ常に新しいものを追い求めるWellerの歌詞、生き方はそのまま今の自分のお手本です。
1st.アルバム:Cafe Bleuに収録のピアノver.の方が好きですが、ここは懐かしさ込み上げる12inch.シングルver.で♪

[ ロリング君コメント ] わたしも大好きな曲です!恥ずかしながらピアノバージョンしか知らなかった…笑 ポール・ウェラーと言えばこれですよねぇ。歌詞もいい意味で曖昧な感じが心地いい。勉強になります姐さん!

Paul Weller

ムー さん 19歳 男性 洋楽歴 5年 学生の1曲

アルバム画像 Mayonaise
The Smashing Pumpkins
Siamese Dream 1993年 2nd Album
『♪Fool enough to almost be it Cool enough to quite see it』 という出だしの歌詞が大好きです。荒んだ気分の時に聴きたくなります。

[ ロリング君コメント ] スマパン屈指の名バラード!訳が難しいですが、わたしは語感だけで気持ちいいから良しとします笑 この曲はイントロだけで泣けてきますね…うぅ…一生付き合っていける曲です

ヒッカー さん 19歳 男性 洋楽歴 3年 大学生の1曲

アルバム画像 One
Johnny Cash
American III: Solitary Man 2000年 3rd American series Album
元はU2のこの曲ですが、完全に自分の言葉にしてしまうキャッシュの貫禄ある歌唱力はさすがです。歌詞なんかわからなくても直接心に訴えかけるような感じさえします。唄いたいことがあるから唄うという感情が滲み出ているように感じます。
特に最後の 『♪one』 を連呼しているところなんか感動的です。深く落ち込むことがあったらこの曲を聴こうと思います。

[ ロリング君コメント ] 語るようなキーで自然に歌うジョニーの歌は沁みますねぇ。NINの「Hurt」もそうですが、カントリー界の大御所が後輩の名曲を評価してカバーするという光景が美しくてたまりません。

レナード・公園 さん 22歳 男性 洋楽歴 8年 休学中の1曲

アルバム画像 Sweet Little Mystery
John Martyn
Grace and Danger 1980年
『♪それは甘い小さな謎
それは君の心の中にある
それは甘い小さな謎
それが僕に涙させる
ああ、あの甘い小さい謎が
君の心の中に
それはただの甘い小さい謎
それが僕を駆り立てる』
どうしようもなく情けなくて美しい失恋ソング
まず冒頭のフィル・コリンズのドラムの入りが素晴らしい
シンプルなんだけど、どうしようもなく惹きつけられる
時間にすればわずかな時間なんだけど彼がどれほど優秀なドラマーかを示している
そしてそこに甘い音色のシンセが入り込んできて、優しくジョンのボーカルがメロディーに重なる
深夜に自分の部屋でこの曲を聴いてるといつもここで泣きたくなる
そしてこのサビの歌詞
文学的か?って聴かれるとそうでもないんだけど、フラれたあの人の心の中に甘い小さな謎があって その何かわからない謎があったから惹かれたのかなっていう
歌詞全部を見るとジョンもなんかフラれたのにその人のことをまだ好きで、嫌いになれないって感じでそれってわかるなぁ…って笑
なんかすみません!ロリング君もそんな経験ありますか?
歌ってるジョンもフィルも2人とも実際の離婚のすぐ後に作られたアルバムらしいです 最近失恋したそこのキミ!いいアルバムだから聴いてみてね!

[ ロリング君コメント ] おぉ…すんげぇ雰囲気のイイ曲ですね!甘くて優しくてアーバンな音色がたまんねぇよ。消え入りそうなボーカルも絶妙。夜のドライブで聴いたら最高だろうなぁ。わたしもそんな経験…遠い昔にあったような気がします笑

フィドマーン・カッサード さん 38歳 男性 洋楽歴 22年 ブラック企業のシステムエンジニアの1曲

アルバム画像 The World We Live In
The Killers
Day & Age 2008ん年 3rd Album
ブラック企業のSEは職業柄(他の業種もかもしれないが)何年かに一度、出口が全く見えず、暗く長いトンネルを半年以上さまようことがあります。 朝起きて会社行って、働いて終電で帰って、また朝起きて…UNTIL条件なしの無限ループ。
この曲に出会ったのはそんな時期でした。 私自身が社会から “quit this day and age” しそうな状況でしたが、ブランドンの 『♪This is the world that we live in I know that we can heal over time』 という言葉に「こんな世界だけど、まだ救いはあるよ」と教えらました。 しかもあのメロディ。ほんと最高ですね。私の中でゼロ年代の絶対的一曲です。

[ ロリング君コメント ] 同士よ!わたしもこの曲は彼らの代表曲だと思っています!激務なお仕事を乗り越えてこられたんですね…お疲れ様です。音楽は何も解決してくれませんが、心がクリアになったりします。別の視点から物事を見られたり。お互いがんばりましょう!

ポテ さん 17歳 男性 洋楽歴 4年 ファッキンクレイジーギタリストの1曲

アルバム画像 The Ace Of Spade
Motörhead
Ace of Spades 1980年 4th Album
バンドでこの曲をやるにあたってギターソロが弾けるのかどうかすごい不安でしたが、 ブレイクの時の 『♪But that's the way I like it baby I don't wanna live forever』 という歌詞がたとえ下手でもギターが好きだということは変わらないし、人生は短いからそんな事でくよくよ悩んでいられないと頭をガツンとやられた気分です。

[ ロリング君コメント ] こっちもありかぁ!と思いました笑 確かにこのギターソロは難しそうですね。それをこの曲の歌詞で勇気付けられるというリサイクル力も素晴らしい!スピード感溢れる曲調ながら熱いメッセージが込められています。

イン・グレン さん 2?歳 男性 洋楽歴 8年 ダメ人間卒業候補生の1曲

アルバム画像 Strawberry Fields Forever
The Beatles
Strawberry Fields Forever 1967 年 Single
『♪Strawberry Fields forever.(ストロベリーフィールズよ、永遠に)』
もう20代もいいとこまで来てしまって、夢は見ていられません。 それでも、まだ自分の中に自分自身を癒せる場所があると信じて… 明日からは、ここ最近覚える喪失感を振り払える様に生きていきます。

[ ロリング君コメント ] この曲、夢を見ているような独特なサウンドですよねぇ。ジョン曰く、これでもイメージを完全再現出来ていないそうです。喪失感や絶望は感じている本人にしかわからないですよね。いい加減なことは言えませんが、その喪失感を自分を高めるための糧だと思いましょう!

ももも さん 23歳 男性 洋楽歴 7年 学生の1曲

アルバム画像 New Town
Life Without Buildings
Any Other City 2001年 1st Album
らせん状に積み上げられていくような瑞々しいエモさ、そしてその積み上げられたエモさが弾けるようなサビの解放感とそのサビの歌詞 『♪you do what you have to do!』 という一節にいつも励まされます。

[ ロリング君コメント ] 淡々とした演奏にエモーショナルなボーカルが絡み、徐々に高みに到達する様はまさにらせん状!その自由なボーカルスタイルは女性版イギーポップのような印象を受けました。do it do it!がカッコいいですね!

ザ・ワールド さん 33歳 男性 洋楽歴 17年 会社員の1曲

アルバム画像 Try, Try, Try
The Smashing Pumpkins
Machina / The Machine Of God 2000年 5th Album
悩み多き思春期も会社員となってプレッシャーに押し潰されそうな時も私を支えてくれる1曲です。歌詞のどの部分からも勇気づけられます。

[ ロリング君コメント ] 落ち込んだ時に聴いたらたまんないっすねぇ。この繊細なコード感、まだまだビリーいけるやん!と思わせてくれた名曲。これだけで映画一本撮れそうなセンチメンタルな雰囲気、大好きです。

エル・ミートボール さん 29歳 男性 洋楽歴 15年 会社員の1曲

アルバム画像 The End
The Beatles
Abbey Road 1969年 12th Album
『♪And, in the end, the love you take is equal to the love you make.(結局のところあなたが受け取る愛はあなたが与える愛に等しい)』
この上なく短い歌詞で人生で一番大事な真理を言い当ててる気がします。

[ ロリング君コメント ] ブルージーなパートが続いて、突然ピアノと美しいコーラスに切り替わってこの言葉が歌われます。やっぱり凄いねビートルズって。実験的なメドレーでも言葉遊びで終わらせないという信念をみました。このころには内部は分裂してたんだろうけど笑 まずお前らが実践しろよって言うのは野暮ですぜ

眠い人 さん 24歳 男性 洋楽歴 9年 会社員の1曲

アルバム画像 California Daze
Peace
In Love 2013年 1st Album
たまに生きるということに疲れてしまう。毎日会社に行って帰ってきて寝て会社に行く。全部投げ出してやろうかと思ったときこの曲を聴くと自分の視野が嫌なとこにばかり向いていること、そしてたまには気を抜いてもいいよなって思わせてくれる歌詞です。
『♪were you born to live or die,forget and forgive there's a place you can live.』
君は生きるために生まれたのか 死ぬために生まれたのか
忘れて許せば 生きられる場所がある

[ ロリング君コメント ] あーこれも素晴らしい言葉ですね。人ってなかなか他人の過ちを許せないもの。忘れて許すことは自分のためでもあるんですよね…ハッとさせられました。こういう核心をついた言葉がメロディにハマって生まれるってもう奇跡ですよね。やっぱりもとからあったんでしょうね。イデア界に。

あーるえいちぷらす さん 22歳 男性 洋楽歴 7年 大学生の1曲

アルバム画像 Ain't It Fun
Paramore
Paramore 2013年 4th Album
「この曲の歌詞って自分に向けて書かれたんじゃね?」と思ってしまうようなドンピシャリな歌詞の曲が誰にもあるものですが、私にとってはこの曲がそれです。
『♪これが現実の世界よ。でも、それも案外悪くないでしょ?』 人それぞれ限られた時期にしか響かない歌詞だと思うし、だからこそ、今こういう時期にこの曲に会えてよかった。

[ ロリング君コメント ] キャッチーなリフカッコいい!メロディの乗せ方もタイム感も独特でセンスを感じさせます。こりゃあハマるわ。開放感のあるサビでこんなこと言われたらちょっと泣けてきちゃいますね。わたしもリピートしちゃってます。

ハルンケア さん 21歳 男性 洋楽歴 7年 学生の1曲

アルバム画像 Luna
The Smashing Pumpkins
Siamese Dream 1993年 2nd Album
『♪Who belongs
Who decides who's crazy
Who rights wrongs where others cling?』
激しさ、切なさを常に最高潮で感じさせてくれるスマパンが大好きです。誰かに本音を打ち明けて、甘えてもいいんだと、教えてくれた一曲です。 音楽は背中は押してくれません。しかし前を向く勇気をくれます。

[ ロリング君コメント ] これはまた通な選曲!スマパンはサラッとさりげなく収録されている曲がやたら心に響いたりしますよね。ギターのクリーントーンが切ないですねぇ。ビリーの声も感情豊かなんだこれが。音楽は前を向く勇気をくれる…おっしゃる通りです!

toshi さん 52歳 男性 洋楽歴 40年 会社員の1曲

アルバム画像 Happy Xmas (War Is Over)
John Lennon
Sometime in New York City 1972年 Single
シンプルで、子どもたちに語りかけるような歌詞。優しいけれど、冷たく、残酷でもある。この曲が発表されてから45年。クリスマスの定番曲となり、多くの人が聴き、口ずさんだ。しかし、世界は相変わらずだ。
「音楽が世界を変える」なんて嘘っぱちなのだろうか。いや、それでも、僕は今年も口ずさむ。ディランなら「何回この歌を唄えば世界から戦争はなくなるのか」と唄うのかもしれない。

[ ロリング君コメント ] そういやこれもジョン・レノンなんだよなぁと忘れちゃってるほどのスタンダードナンバーですね。ポールと比べて真っ直ぐな曲を作るジョンならではのメッセージ性ですね。改めてきくと良く出来てるなと感心する大名曲。

yuya さん 26歳 男性 洋楽歴 10年 学生の1曲

アルバム画像 Piano Man
Billy Joel
Piano Man 1973年 2nd Album
アメリカの歴史をバックグラウンドに、胸に響く一曲

[ ロリング君コメント ] バーで弾いてるピアノマンをテーマにするって粋ですよね!そのピアノマンに語りかけるようにストーリーが進んで行く…カッコ良すぎ。あのイントロを弾こうとして挫折した若者が何人いたことでしょう笑 ビリー・ジョエルは歌もピアノも作曲も超一流。ドラッグさえやらなければ…

ぽよ さん 26歳 男性 洋楽歴 11年 大学院生の1曲

アルバム画像 Lost Stars
Adam Levine (Begin Again soundtrack)
Begin Again 2013年 Soundtrack Album
やりたいことをやるために入った世界なのに、やりたいことをするには実力が足りず、でもやめる勇気もなく..燻っていた自分にとって、Begin Againという映画そのものが救いでした。
中でもLost Starsは象徴的な一曲。音楽で大成功したAdam演じるデイヴが、そのかつての恋人でデイヴの曲を書いていたグレタに向けて、グレタを失った後悔を伝えるように歌うシーン。
『♪私たちは暗闇を照らそうとするさまよう星なの?』
さまよっているのは自分だけじゃないんだ、みんな苦しみながら暗闇を照らそうとしているんだ、と前向きになれた一曲でした。

[ ロリング君コメント ] あーその映画観ようと思っててまだ観てなかったんだよなぁ。めっちゃ面白そうですね!しかも曲もグッとくる…アダムの暇つぶしではないクオリティですね。わたしも未だに迷いながらさまよっています!沁みるなぁ。
(ぽよさんからの情報提供により、このサントラには我らが New Radicals のグレッグ・アレキサンダー兄貴 が関わっていることが判明しました!みんなでグレッグ兄貴を応援しよう!(なんでやねん))

まるむし さん 39歳 男性 洋楽歴 29年 会社員の1曲

アルバム画像 Wonderful Life
Black
Wonderful Life 1987年 1st Album
『♪No need to laugh and cry It's a wonderful, wonderful life』
何というか全てを赦されたような気がした。

[ ロリング君コメント ] 知らないアーティストでした!80sのダンディなサウンドが切ないですね…初めて聴くのに泣けてくる笑 しかも 笑ったり泣いたりしなくても人生は素晴らしい、ですか。生きてるだけで丸儲け的な安心感がある言葉ですね!

Planariastraw さん 43歳 女性 洋楽歴 25年 会社員の1曲

アルバム画像 All The Young Punks (New Boots And Contracts)
The Clash
Give 'Em Enough Rope 1978年 2nd Album
『♪All the young punks Laugh your life Cos there ain't much to cry for
All the young cunts Live it now Cos there ain't much to die for』
高校生の頃から投げやりな気持ちになりそうな時にはThe Clashを聞いています。ギリギリの時に何度も視点を変えさせてくれた曲です。たとえ中二病と言われようとも一生聞き続けると思います。Joe Strummerはいつでもずっと遠くに見えている私の本当の「スター」です。

[ ロリング君コメント ] パンクというジャンルには疎いわたしですが、The Clashは知的でロカビリーな要素もあって、結構好きだったんですよねぇ。パンクといいながら真っ直ぐで誠実さが伝わる曲ですね!能天気じゃないところがカッコいい。Planariastrawさんを何度も救った曲、心して聴くべし!

PJ20 さん 28歳 女性 洋楽歴 13年 会社員の1曲

アルバム画像 For Tomorrow
Blur
Modern Life Is Rubbish 1993年 2nd Album
『♪Holding on for tomorrow』
1993年のBlurのアルバム 「 Modern Life Is Rubbish 」 のオープニングを飾る曲の歌詞の一節。 高校時代、人間関係のトラブルで中退を考えていた時にラジオで流れていたこの曲を聴いて卒業まで耐え抜こうという気持ちに変わり、無事高校を卒業することができました。

[ ロリング君コメント ] 感動的なバラードでもなく、疾走感溢れるハイテンションナンバーでもない、ブラー流のハズしテク満載のポップチューンに救われた、というところがいかにもPJ20さんらしくてステキです!ちょっと悲しげなところがカッコいい

デヴィッド・ボウイ名言集 管理人 さん ??歳 男性 洋楽歴 ??年 ★の1曲

アルバム画像 Whatever
Oasis
Whatever 1994年 Single
『♪僕は自由だ 何になったっていい 何を選んだっていいんだ その気になればブルースだって歌うよ
僕は自由だ 何を言ったっていい 何を好きになったっていいんだ 間違っていても正しくても大丈夫さ』
よく有るような歌詞なのかもしれませんし、特にエピソードが有るわけでもないのですが、メロディの力強さと合わせて胸に訴えるものが有りますね。勇気が湧きます。

[ ロリング君コメント ] 「メロディが歌詞に説得力をもたらす」とはわたしの持論ですが、まさにそれを体現してくれるのがこのナンバーですね。ノエルのメロディとoasisの演奏により、一見普通の言葉が真の意味を伴って胸に響くのです。お互い辛いことばっかりですががんばりましょう!笑

こはる さん 29歳 女性 洋楽歴 13年 崖っぷち社会人の1曲

アルバム画像 Dressed In Black
Sia
1000 Forms of Fear 2014年 6th Album
心を閉ざして一人で生きてきた人が、心の壁を壊して包んでくれる人に出会ったときの光の差し込むような瞬間を歌ったこの曲の歌詞は、ひとりで何かに立ち向かわなければならないとき、いつも私の背中を押してくれます。
『♪You found me dressed in black / Hiding way up at the back / Life had broken my heart into pieces / You took my hand in yours / You started breaking down my walls / And you covered my heart in kisses』

[ ロリング君コメント ] 「黒は女を美しく見せるのよ」とは某パン屋の女将さんの言葉ですが、ここでは悲しみにくれる、という意味で使われているのでしょうか。実感のこもった歌詞のように感じました。Siaといえば名曲「Chandelier youtubeで検索する 」ですが、アルバムのラストにもリスナーの人生を変えた感動的な楽曲が収録されているんです!

ロリング君に感謝の花束を! さん 38歳 男性 洋楽歴 23年 会社員の1曲

アルバム画像 My Back Pages
Bob Dylan
Another Side Of Bob Dylan 1964年 4th Album
『♪Ah, but I was so much older then,
I'm younger than that now』
「昨日より若く」を体現しているディラン。自分自身も「今が一番若い!」と感じられるのは、この名曲・歌詞に出会えたから。

[ ロリング君コメント ] わたしも大好きな曲です。ある意味演歌のようにわかりやすいメロディなのにとても深みを感じるんですよね。パズルがピタッとはまったような歌詞とメロディの出会いも美しい。今が1番若い…死ぬまで心に刻んで生きていきましょう!

こげぱん さん 37歳 男性 洋楽歴 22年 ロッキンボーイズの1曲

アルバム画像 Tonight, Tonight
The Smashing Pumpkins
Mellon Collie And The Infinite Sadness 1995年 3rd Album
ベタベッタ。ハンドルネームを『ベター・マン』に変えてしまおうか、と思っちゃったぐらい ベタベッタ 。…ですが、この歌の胸キュンリリックに何度助けられたことか。心が折れかけたとき、自分を信じられなくなったとき、いつもこの曲が僕の側にいてくれたような気がします。
『♪That life can change, that you're not stuck in vain
We're not the same, we're different tonight』
そして、曲の最後のオーケストラの盛り上がりと共に放たれる安西先生級の必殺の名言、
『♪The impossible is possible tonight
Believe in me as I believe in you, tonight』
人生は変えられる。虚しさから抜け出せずにいるわけじゃない。止まない雨はないように、辛いときもいつまでも続かない。自分を信じていれば、きっと報われるときが来る。
静かにしろい。この音が……オレを甦らせる。何度でもよ。

[ ロリング君コメント ] ベタでもなんでもないっすよ!どこをどう切っても名言しか出てこない恐ろしい楽曲です。このサイトを始めたきっかけも「Impossible is possible 」という歌詞でした。こげぱんさんの気持ち、痛いほどわかります!わたしもこの歌詞に救われた一人です!

moya さん 32歳 男性 洋楽歴 22年 賃金奴隷の1曲

アルバム画像 Forty Dollars
The Twilight Singers
Powder Burns 2006年 4th Album
『♪She loves you yeah yeah yeah.I'm just bein'.Honest.』
傷の舐めあいで物事は解決しないと人は言うけれどロック界で最もセクシーな男のヤケっぱちな叫びに耳を傾けずにはいられない。なぜなら僕らは生まれながらにして負けることが決まっているんだから。

[ ロリング君コメント ] こ、これはわたしの好みにどストライクなサウンド…インディー系の粗い音に切ないメロディそして少しの狂気…たまんねぇっす。そんで非モテとくればもうそれは俺たちそのものやないかい!いやーまだまだわたしも勉強不足です。あざっす!

wee澤r さん 21歳 男性 洋楽歴 10年 ロック大学パワーポップ学科4年生の1曲

アルバム画像 The Middle
Jimmy Eat World
Bleed American 2001年 4th Album
『♪It just takes some time Little girl, your're in the middle of the ride Everything, everything just be fine Everything everything will be alright』
周りが着々と結果を出していく中で自分だけが思っていたような成果を出せず、かと言って駄目な理由も分からない。というような時期に、この曲の歌詞が沁み渡りました。そして自分がどれだけ「今」に縛られすぎていたかに気付き、とても楽になる事が出来ました、大事なのは「今」ではなく数年後どこに立っているかだ、ということをこの曲から教わりました!

[ ロリング君コメント ] この曲に関しては、何も考えずに語感とメロディと音圧を楽しんでいただけでした。実はすんごい大切なことを伝えようとしてたんですね…!お恥ずかしい限りっす。こういう誠実な楽曲が大ヒットするは気持ちいいですね!今が大切だ、という考えが一般的ですが、数年後を見据えて今を耐える、というのもカッコいい生き方ですね。

元気な社畜 さん 29歳 男性 洋楽歴 12年 コンサルの1曲

アルバム画像 How to Disappear Completely
Radiohead
Kid A 2000年 4th Album
『♪I'm not here. The moment's already passed, yeah it's gone』
対人関係が苦手で人付き合いをシャットアウトしていた学生時代、友達がいないこと、取り返しがつかないことを後悔しながらこれを聴いて現実逃避をしていました。もうどうしようもない、消えてしまいたいと。同時に、トムヨークのような才能を持つ人でもこんなネガティブな思考になることがあるんだな、と思って少し救われていました。

[ ロリング君コメント ] 熱いメッセージに救われるケースではなく、絶望を共感してくれることで一人じゃない、と思えることもあるんですよね。グランジ以降、暗い音楽性が主流になってもそれに若者は救われてたわけですよ。目の前に人生の電源ボタンがあったらオフにしてしまいそうなときってありますよね。成功者であるトムも実はわたしたちと同じような悩みを抱えてるのかもしれません。


ロリング君 ??歳 男性 洋楽歴 22年 ロックでマニアックな路上の伝道師の1曲

アルバム画像 Alice Childress
Ben Folds Five
Ben Folds Five 1995年 1st Album
『♪Alice, the world is full of ugly things
That you can't change
Pretend it's not that way
It's my idea of faith』
世の中は醜いことばかりで、変えることもできないけれど、そうじゃないふりをするんだ、みたいな意味でしょうか。この曲には辛いときに何度も助けてもらいました。つい、口ずさみたくなるんですよねぇ。綺麗事ではない、諦めの境地を歌っているように思えて、それがかえって心強いのです。


その他のザ・ローリングサンダーガイド